革工房 アルテレッツァ

TOP Page工房についてオーダーメイド
買物カゴを見る購入方法/送料よくあるご質問お問い合わせ
ワニ の検索結果


革の種類/加工方法別・手入れ方法

 通常は軟らかい布で、から拭きをします。起毛革はブラッシングします。手あかのような汚れにはクリーナーを使用することになりますが、特に、ハンドバッグはファッション性の高い製品であり、使用する革も多彩ですので、購入時に革の種類を確かめておく必要があります。液状のクリーナーでシミになるような場合は、から拭きか消しゴムタイプのクリーナー、あるいは食パンの白い部分で汚れを取るくらいにとどめておくこと、クリームも革の種類に合ったもので、色移りを防ぐため無色のものを選ぶとよいでしょう。

革の種類別手入れ方法

ハ虫類の革

 ワニやトカゲなどハ虫類の革で光沢のある場合、これらの表面はメノウやガラスの玉で磨き上げてある(グレージング仕上げ)ので取り扱いは丁寧に行わなければなりません。まず、から拭きでほこりや汚れを落としてから、軟らかい布で丁寧に磨いてつや感を保つようにします。
 光沢のない素上げタイプ(マット仕上げ)の場合は、日ごろから拭きを習慣づけておくとよいです。少しの汚れは、軟らかい消しゴムで軽くこすって取り除きます。

一般の牛革

 乾いた柔らかい布で、まめに汚れを落とすことです。乾いた布で落ちない場合は、消しゴムで擦ってみるのも一つの方法です。水にぬれたら、乾いた布でたたくようにふきとり、直射日光を避けて陰干しにします。白い革の場合はまめに柔らかい布で汚れを落とし、薄めた中性洗剤で軽く拭き、陰干しにして、保革用クリーナーをすりこんでください。

ビッグスキン

 専用消しゴムで軽くこすってください。クリームは禁物です。

ヌメ革

 シミになりやすい革なので、新しいうちに水、油をはじく皮革用防水スプレーをして、クリーナーはゴムタイプのものをご使用ください。クリームは「ヌメ革」専用のものをお使いください。

革の種類別手入れ方法

本染めアニリン仕上げの革

 この革は美しいがキズがつき易くその上汚れ、湿気等でシミもつきやすく一旦しみがつくとなかなか取れません。柔らかい毛のブラシで取れない汚れは、アニリン専用のクリーナーを使用します。普通のクリーナーは逆にシミになる恐れがあるので禁物です。

ガラス張革

 この革は表面を顔料の膜で覆っているので、ぶつけたり、硬い物でこすったりすると、表面がはげたりキズついたりします。多少の汚れなら乾いた柔布で拭き取り、汚れのひどい場合は中性洗剤でふきその後ガラス専用のクリーナーを塗ります。強力クリーナーの使用は禁物です。

水染めの革

 乾いた布で拭き取るか、又は消しゴムで落とします。液体クリーナーを使用すると、吸い込んだり色落ちしたりしますので、液体に近いクリーナーの使用は禁物です。

スエード/ヌバック/ベロア

 ナイロンか毛のブラシでブラッシングすればほこりは落ち、毛足も美しくそろいます。汚れは消しゴムで落とすのがコツ。あまり強く擦るとそこだけ白くなります。また毛がなくなったり、光ったりしてきたら、ブラシで起毛させます。クリーナーは大禁物です。なお、あらかじめ防水スプレーをかけておきますと、汚れの防止になります。

エナメル

 表面の光沢を維持するためにも手入れの時は手袋をはめてします。普通の革より水に強いので、ネルなどの布を湿らせてたたくように拭きます。クリーナーを使う時はエナメル専用のものを。保存する時は、紙やビニールは避けて、ネルで包んでおく。この際、銀つき革やビニール素材のバックと直接ふれないように。

マット仕上げの革

 軽い汚れの場合、カラ拭きしたり消しゴム等で軽くこすって落とします。クリーナーを使用する時は、必ずマット専用のクリームを使用します。従来のクリーナーでは、つや消しマット仕上げの革は光沢が出てしまいます。

パール仕上げの革

 普通のクリーナーの使用はさけ、かわいた柔らかい布でから拭きします。





ヘビ

 個性的な斑紋や鱗模様を持つヘビ革は、皮革ファッションには欠かせない素材のひとつです。ヘビは地球上に、11科417属2389種存在すると言われています。ワニ、トカゲ等に比べて、ワシントン条約上、取引可能な種は数多くありますが、ここでは、革製品用として利用されている、代表的なものを取り上げてみます。

アミメニシキヘビ(ダイヤモンドパイソン)

 全身にダイヤ型の連続的な斑紋・模様があるところから、ダイヤモンドパイソンと呼ばれています。皮質の丈夫さや、大きさの点では利用度も高く、他の皮革には見られない美しさと、ワイルド感があります。この種の最大のものは、体長10メートルもあります。トカゲと同様に、背中を活かしたBelly Cut Type と、腹部を活かしたBack Cut Type があり、バッグ類、靴、ベルト等に幅広く利用されています。生息地は、タイ、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、マレー半島、インドネシア、フィリピン、中国南部等、アジアの熱帯地方に広く分布しています。

ビルマニシキヘビ(モラレスパイソン)

 全身に不規則な図形模様があり、その個性的な斑紋模様が、ファッション界で人気を得ています。皮質の丈夫さ、サイズが大きいなどの利点もあり、アミメニシキヘビ(ダイヤモンドパイソン)と共に、ヘビ革の主力として、幅広く各種製品に使用されています。沖縄の蛇皮線は、この皮が使用されています。一般的に雌の方が雄より大きく、最大では7メートルに達したものもいます。

ヒイロニシキヘビ(レッドパイソン)

 この種の特徴としては、尾部が短く胴が太い体型をしており、身体全体が赤味を帯びているところから、緋色錦蛇と呼ばれています。背中を割いて、腹部の特徴のある蛇腹を活かし、アメリカでは、カウボーイブーツ用に、日本ではソフトに鞣し、レディースバッグ等に使用されています。他のニシキヘビよりも水辺を好み、生息地としては、マレー半島、スマトラ、ボルネオ島などがあげられます。

アフリカニシキヘビ(アフリカパイソン)

 アフリカの代表的なニシキヘビです。インドニシキヘビ(モラレスパイソン)に似た斑紋模様があり、最大のものは、7?8メートルにも達し、平均でも3.5?4.5メートルの体長を持つ大型のヘビです。砂漠の様な乾燥地帯を除く、アフリカ大陸全般に広く生息しています。

アナコンダ(アナコンダ)

 南米に生息する、最大級のヘビです。その大きさは、東南アジア産のアミメニシキヘビ(ダイヤモンドパイソン)と並び、オリーブ色に近い緑色の地に、黒く大きな水玉様の斑紋が、頭部から尾部にかけて連続しています。個性を主張する製品類には、魅力のある素材のひとつです。アンデス山脈の東から、アマゾン川、オリノコ川の流域一帯、ギアナに至り、北はトリニダドにまで広く分布していますが、最近南米では、森林開発が進み、その影響から生息数の減少がにられます。

ボアコンストリクター(ボア)

 アナコンダに似た特徴を持ち、大きさは平均して2?3メートル以内です。最大のものは、5メートルに達したものもあります。メキシコ湾沿岸から中米を経て、南米のパラグアイ、アルゼンチン北部にいたるまで広く分布しています。

キングコブラ(コブラ)

 東南アジアの熱帯地方のジャングルの中の川の流域近くや、ひらけた平地に棲んでいます。大きさも平均4メートル以上に達し、独特の鱗模様が、珍重されています。インド、ミャンマー、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、マレー半島、中国南部等に生息しています。





トカゲ(リザード)

 小形の恐竜(The Little Dinosaurs)とも言われるトカゲは、爬虫類皮革の中でもポピュラーな素材で、世界中に数多くの種のトカゲが生息しており、その数は16科383属 3751種にのぼります。皮革製品に利用されているものは極めて少なく、現在、ワシントン条約上国際取引可能な種は約9種類で、主なものは次の通りです。

ミズオオトカゲ(リングマークトカゲ)

 トカゲの革の最高級品で、大きなものは、全長2メートルを超し、利用価値が大です。背部は丸い粒状の鱗で、背中に輪状、及び点状の斑紋が並んでいるところから、リングマークトカゲと呼ばれていますが、この斑紋を活かしたタイプと斑紋を除去し、仕上げたタイプのものがあります。また、腹部を割き、背部を活かしたものを、Belly Cut Type(ベリーカットタイプ)。反対に、背中を割いて腹部を利用するものを、Back Cut Type(バックカットタイプ)といいます。

ナイルオオトカゲ(アフリカトカゲ)

 ミズオオトカゲと同様に、サイズも大きく利用価値があります。背部の斑紋は小さな点状で、ミズオオトカゲ(リングマークトカゲ)の様な特徴とならないため、多くは斑紋を除去した鞣し仕上げになっています。

テグー(テジュー)

 光沢のある鱗で被われ、黒と白の不規則な模様があります。腹部の長方形をした鱗が他のトカゲに見られない、ボリューム感を持っているところから、背部を割いて、腹部を活かした、Back Cut Type(バックカットタイプ)が多用されています。

イグアナ

 頭部から背中を経て尾部まで、たてがみ状の鱗があるため、革として使用する場合は、背部を割き、腹部を使用します。

カイマントカゲ(ジャクルシー)

 頭部から背部にかけて、特徴のある楕円形の背鱗板が、ワニの背部の様に並んでいるため、カイマントカゲ(ワニトカゲ)などと呼ばれています。生息地は、南米ブラジル、ガイアナが主です。





ワニ

 爬虫類皮革の代表的なものがワニ革です。現在、世界中に生息しているワニは、3科9属23種と言われています。

使用する部分での名称


肚(はら)ワニ

 ワニの背の部分を割き、腹(肚)部の鱗(腹鱗板)をいかしたタイプの革です。

ワニ

 ワニの肚(腹)の部分を割き、頸部から背部の凹凸(頸鱗板・背鱗板)を活かしたタイプの革です。ワニの頭部を取り除いた、後頭部にあたるところに、“後頭鱗板”(こうとうりんばん)と呼ぶ隆起があり、続いて頸部に、“頸鱗板”(けいりんばん)と呼ぶ、特徴のある隆起があります。又、背の部分には、“背鱗板”(はいりんばん)と呼ばれる隆起があります。

革として利用されるワニの種類


イリエワニ(スモールクロコ)

 ワニ革の代表格です。ヨーロッパでは、シンガポールワニとも呼ばれています。腹部の四角形(長方形)をした鱗が美麗に揃ったスモールスケールタイプクロコダイルは、ワニ革の中でも最高級品です。腹の部分の頸から肛門にかけて、鱗の横列の数が約31?35列あります。又、横腹の部分は、丸い形状の鱗です。イリエワニは、頸部の後頭鱗板が、殆ど見られません。頸鱗板は、ひとまとまりになっており、大型の4枚が四角形に並び、その左右に小型の鱗板が、1 枚ずつ並んでいます。背部の背鱗板は、クラウンのかたまりから大幅に離れたところから、規則正しく16?17の横列、6?7の縦列に並んでいます。

ニューギニアワニ(ラージクロコ)

 日本で最も多く使用されているワニ革です。腹部の鱗は正方形に近く、鱗の大きさは、スモールスケールタイプより大きく、頸から肛門までの鱗の横列の数は約24?32列あります。ニューギニアワニの後頭鱗板は、大型のものが4?6枚、横一列に並び、頸鱗板は、頸部中央に大型の4枚が、四角形に並びその左右に小さい鱗板が、1枚ずつ並んでいます。背鱗板は、頸鱗板から離れてやや規則的に17横列、6?10の縦列に並んでいます

ナイルワニ(ナイルクロコ)

 腹部の鱗は細かく、長方形の鱗板が腹部全体に整然と並んでいます。横腹の鱗は丸みのある長方形で、その巾は他の種類より狭いのが特徴です。現在供給されている皮は、殆ど養殖のものです。後頭鱗板は、1横列で、4?6枚の大型鱗板からなっています。頸鱗板は、ひとまとまりになっており、大型の4枚が四角形に並び、その左右に小形の鱗板が、1枚ずつ並んでいます。背鱗板は、頸鱗板のかたまりから離れて、比較的規則正しく17?18横列、8?9縦列に並んでいます。

シャムワニ

 ポピュラーなワニ革のひとつです。腹部の鱗の形状は長方形で、イリエワニに似ていますが、それよりやや大きめです。頸から肛門にかけての鱗の横列の数は約30?34列です。又、横腹の部分の鱗は、丸みのある形状をしています。現在、商取引されている皮は、全て養殖によるもので、殆どタイ国から輸出されています。シャムワニの後頭鱗板は、4?6枚で1横列。頸鱗板は、ひとまとまりになっていて、大型の4枚が四角形に並び、その左右に小型の鱗板が、1 枚ずつ並んでいます。背鱗板は、頸鱗板のかたまりから離れて、規則的に16?17横列、殆どの個体で、6縦列となっています。

ミシシッピーワニ(アリゲーター)

 ミシシッピーワニは全体に胴が長く、腹部の鱗の形状はクロコダイルに比べ、やや長めの長方形をしています。頸から肛門までの鱗の横列数は 29?34列あります。養殖は、大規模に行われていますが、野生のものも毎年数量を定めて捕獲が許可されています。アリゲーターの後頭鱗板は、2?3横列に並び、各列にある鱗板の枚数は異なります。頸鱗板は、2横列に並び、各列とも鱗板は2枚ずつあり、このひとまとまりの頸鱗板の後方に、小型の鱗板が1対あります。背鱗板は、頸鱗板のかたまりから離れて、規則正しく17?18横列、8?19縦列となっています。

カイマンワニ

 バビラス、石ワニ、とも呼ばれています。カイマン類の皮は、全体に骨質部が多く硬いため、利用されるのは主に骨質の無い顎から脇腹の部分で、これを通常サイド、テンガサイドと呼んでいます。カイマンの後頭鱗板は、2横列で、各列とも大型の鱗板が6?8枚あります。頸鱗板は、ひとまとまりになって、 4横列あります。最初の2横列は、4枚の大型鱗板からなり、後ろ側の2横列は、2枚の大型鱗板からなっています。背鱗板は、頸鱗板のかたまりから離れて、規則正しく18-19横列、8-10の縦列となっています。





加工方法での分類

革は加工方法やなめし方法によって様々な特徴をもちます。

銀つき革

 一般にスムースと呼ばれなめして染色しただけの 銀面層(表面)を活かした革のことです。 本染め革とも呼ばれています。厚い革を2枚か3枚にスライスした一番上の1枚目(表面の付いている部分)を銀付き革と呼び、2枚目 3枚目をそれぞれ一番床革二番床革と呼んでいます。

ヌバック

 牛革の銀面(表面)を起毛させたベルベット状の革です。バックスキンより目の細かいペーパーを使うため毛足が短く、防水性のオイルド・ヌバックがアウトドア・シューズ等に用いられています。 NEO(新しい)バックが語源とされています。

スエード

 クロムなめした牛、山羊、羊等の革の裏面をサンドペーパーでベルベット状に起毛した革で、毛足が短くソフトなものほど上質とされています。 仏語のスウェーデンが名前の由来です。

ベロア

 成牛革の裏面を起毛させた革です。 スエードよりも粗く 毛足が長く デザート・ブーツやワラビー等に利用されていますが、上質なものはスエードより高価なものもあるようです。

バックスキン

 鹿革(BUCK)の総称で特に牡鹿の銀面(表面)をビロード状に起毛させた革です。

揉み革

 グレイン スコッチ・グレイン・レザー(SCOTCH GRAIN)とも呼ばれ、なめした後に揉んでシボをつけています。 大鹿に似せたエルクの他に水しぼ/角揉み/八方揉み等があります。

シュリンクレザー

 なめし工程中に特別な薬品を使って銀面を縮ませた革で 、揉んだ革よりもシボが強調されています。

型押し革

 なめした後 銀面に模様を加熱高圧プレス機でプレスした革で、表面のシボが特徴です。ワニ、リザード等の高級系の革に似せたものも多く、最近のモノは良く加工されていますので一見では判別に迷うものもあります。また、幾何学模様のものもあります。

ボーデッドレザー

 表面に軽いしわ加工や型押しを行い、細かな線模様を入れた革です。

オイルドレザー

 動物油(主に魚油)でなめした革で、オイルによる撥水性により水分による劣化が少なく、しっとりとした感触があります。独特の光沢、色むらと粗い表面が特徴です。オイル・レザー/オイル・アップ・レザーとも呼ばれています。

ヌメ革

 タンニンなめししただけの革で、革そのものの味わいがあります。上手に使いこむことで飴色に変色し風合いが増しますが、色の薄いものは 使用方法によって 往々にして黒ずむだけに終わる場合もあります。また、汚れが非常につきやすいデリケートな革です。

ガラス張り革

 なめした後にヌメ革のように木の板ではなく、ガラス板やホーロー板に張り付けて乾燥させ、銀面に磨き処理(バフィング)合成樹脂塗装という工程でつくられた革で、 美しいツヤがあります。 樹脂を張らず磨き上げるだけの場合もあり、それぞれの製品の光沢には差があります。

エナメル革

 クロムなめし後に銀面に合成樹脂(エナメル/ポリウレタン樹脂)を塗装して光沢を出した革です。日本の漆塗りをヒントに考案されアメリカでパテントが取られたことから、パテントレザーとも呼ばれています。 汚れが付きにくく、手入れも簡単ですが、寒さに弱くひび割れを起こしやすい革です。

モロッコ革

 小石を敷いたような独特の模様の革で、山羊革をタンニンなめしたものです。

メッシュ

 紐状の革を編んでシート状にしたもので、通気性に富んでいます。1枚状態の普通の革よりも伸縮性もあり、丈夫ですが編むために手間のかかる革です。

シルキー

 仔牛の革で、スエードと同じように作られますが、さらにソフトで最高級品の革と呼ばれています。

セーム革

 山羊や羊などの革を油なめししてスエード状に仕上げた革です。 時計や貴金属を磨くのに利用されています。柔らかく、しなやかで洗濯もできます。

床革

 銀面をそいだ残り部分をなめした革で、粗い面の革です。樹脂塗料やエンボス加工を施してワイルドな風合いを求めるために使用されたりします。因みに、床ベロアはクロムなめしの床革を起毛したものです。

底革

 本底用になめした革で普通は成牛革をタンニンなめした革です。 厚いまま硬く仕上げてあります。靴の底等に使用されることが多い革です。

アニリン加工

 染色方法の一つです。色落ちしやすいデリケートな染色ですが、革がへたりにくいという特徴があります。銀面をアイロンで固めて強度と艶を出した革もあります。ヴォーノアニリンがこれにあたります。





革の特性

 動物の革を鞣したものの種類は牛、山羊、オーストリッチ、豚、鹿、馬、ヘビ、トカゲ、ワニなどがありますが、素材による強弱はありますが、概ね革には以下のような特性があります。

変色

 タンニンなめし等では、主に植物から採取したタンニンを用いておりますが、このタンニンが日光等での革の変色をもたらします。革本来の質感、風合いを活かすタンインなめしの手法は、「ヌメ革」等で使われており、古来から行われてきたなめし手法です。この経年による色変化には好き嫌いがありますが、革を活きた素材として考えた場合、色変化による使い手への「馴染み」を受け入れることができるのではないかと思います。多くの大量生産品は、経年変化を嫌う傾向が多いのですが、自分に馴染むこの感覚は革本来の魅力であると思います。

適応性と弾力性

 作品におけるスタイルの美しさも品質価値として重要な要素であり、平面な革の部品が、接合、縫製、釣り込み等の作業の結果、美しい立体型を維持出来るのは、革の適応性によります。さらに、その後も型を留めているのは、革に弾力性が有るためです。
つまり、適応性によって「型」通りの形になり、弾力性によってその形が保持されているといえます。

通気性

 革製品は蒸れが少ないと言われています。それは、革の持つ独特の繊維構造が水分を吸収しさらに、外部に放出しているためで、つまり通気性が有るといえます。もっとも、革の表面を樹脂等で加工した場合は、通気性は失われます。

強度と伸張

 革は、破れる前に、大変強いひっぱり強度とよく伸びる伸張力という両性質を持っています。こうした性質は使用する動物の種類や製革法によって異なります。
また、革の種類や年齢、鞣し方、吟面処理の方法等にもよりますが、すべての革(牛等)の伸張方向と、繊維の引き締まった強さの方向は、おおむね一致しています。一般的には、動物の可動部分(首、すね等)の革は、伸縮の度合いが大きく、強度も落ちる傾向にあります。

表面の特徴

 革の表面は、たいへん応用自在で、「染色が容易」で、いろんな「仕上げ」にすることもできます。また、「トラ」といわれる筋や、傷、また焼印の跡などが見られることもあります。

加工の容易さ

 革は接着したり、縫ったり、漉いたり、切ったりすることが出来、非常に加工がしやすい素材です。





検索リスト


財布
ブッテーロ
入れ
ケース

カード

キー
小銭
てい

名刺
つ折り
しま


収納
ブログ
ので
濃紺
シオ
レザー
ミネルバ
アルテレッツァ
工房
ポケット
リス
制作
blog
付き
タイプ
rss
作品
仕上げ

選択

ない
販売
alterezza
もの
category
ボックス
まし
item
商品

内側

day
製作
汚れ
など
メール
クレジット

posted
バッグ
なめし
では
クリーナー
発送
ワニ
ワイン
カーフ
横列

決済
モデル
オイル
デザイン
使っ
本日
鹿
なっ



なめ
buttero
いき
ブレッサ
黄色
ギフト
チェーン
たり
ゴート

ませ
素材
ウォレット
ヤフー
落ち
グリーン


スリム
クリーム
トカゲ


こだわり
配送
オール
情報
手入れ
yahoo
その


にし
大型
工程

仕様
生きる
カゴ
取っ手
持ち
支払い
効果

あり
スキン
ピッグ
クロム

として
雑感
ブラック
出荷
加工
厚み
定期
無し
送料
銀行
コード
シープ
牛革
女性
染め

動物
イタリア
カバー
納期
いたし
ショッピング
光沢

携帯
marrone
お札
並ん
縫い
買い物
ニシキヘビ
生息
小物
サフィア
パス
変化
考察

finezza
お客様
腹部
金具
麻糸
いただい
キャンセル
シボ
受け
構造
荷物
コレクション
個人
入庫
水牛
エルメス

思い
手縫い
準備
蜜蝋
われ
ヌメ
取り付け
染料

ペッカリー
特徴

brown






"alterezza(アルテレッツァ)"はイタリア語で「高貴」「厳格」といった意味を含んでいます

⇒ブログ アルテレッツァ 制作品をブログに掲載しています

営業日のお知らせ
営業日:月~水,土,日
休業日:祝日,木,金,12/29-1/4
夏季休暇: 8/15-8/20









販売作品&お知らせ



ブログ・カテゴリー



ブログ最新記事

ご連絡先メールアドレスについて10月からの消費税増税について財布兼ポーチ宝物小型ポーチ通院終わりました発送が遅れており申訳けございません退院いたしました 肺炎で本日入院いたします札ばさみと小銭入れ編み込み(メッシュ)長財布年内発送について携帯メールアドレスでのお問合せサイト復旧いたしました現在サーバーでエラーが出ています。今年はお盆休みは返上します。シェルコードバンでの手帳カバーカキモリおかげさまでお知らせ金具の仕入れ鞄の設計図冠婚葬祭用の黒の鞄の制作既製品の仕様を変えてのご注文スコアカードケース50個のご注文オイルコードバンミネルバボックスでの ラウンドファスナー 長財布カートのシステムを変更いたしました新年明けましておめでとうございます。今年はたいへんお世話にりました外ファスナー小銭入れ付き長財布挟み込み式財布カード10枚収納の薄型長財布グリーンの財布とオリーブ色のブックカバーポチ袋ケースオリーブ色の台本カバーカード16枚収納のオーダーメイドでの長財布カード6枚収納の二つ折り財布カード16枚ファスナー小銭入れ付き長財布宝物紫色のパスケースブッテーロ グリーンでの2つ折り財布と小銭入れ黒とオレンジ色のシステム手帳シェルコードバンでの文庫カバーマチ付き名刺入れを定番商品に追加いたします鳥越神社カードポケット付きキーケース切れ込み式長財布小銭入れ付きピッグスキンでの長財布スマートフォンカバーなどのご注文品小切手が入る薄型の長財布ネームタグ赤と黒の長財布手帳タイプのスマートフォンカバー40冊の特注台本カバー台本カバー40セットの制作中ご注文品用の刻印できることをオーダーメイド品などの発送品シェルコードバンとブッテーロでの財布.....




RSS
新着情報RSS 商品新着情報 RSS
ブログ RSS BLOG RSS

サイトQRコード
QRcode