革工房 アルテレッツァ

TOP Page工房についてオーダーメイド
買物カゴを見る購入方法/送料よくあるご質問お問い合わせ
動物 の検索結果


革製品の手入れ(メンテナンス)について: 一般的な注意事項

革製品をお使いになる際のお手入れは、付着した汚れを落とすことから始まります。
革は微細な繊維が交絡しているため、その隙間に汚れが侵入すると取り除くことがやっかいになります。
汚れを侵入させないためには、こまめな”乾拭き”が一番簡単な方法です。

乾拭きの効果
革は乾拭きを繰り返すと、中の油分が染み出してきて、光沢を増し、表面を保護していきます。また油分による防水効果も期待できますので、手軽で効果的なお手入れは乾拭きです。
また、日光にあてることでも、同様に油分を活性化させて防水効果をもたらします。
乾拭きする時は、きれいな乾いた布などで軽くなでるようにして磨いていきます。
強くこすると、汚れを革に押し込んだり、革の種類によっては色が濃くなりますので、あくまで軽く”なでる”ようにするのが一番いい方法です。

やってはいけない事
  •  汚れた場合、ベンジンやシンナーを使うと油性汚れは落ちますが、革の塗装膜を溶かしたりシミになったりするので絶対に使用しないでください。
  •  水溶性の汚れを水ぶきする場合や、市販のクリーナーやクリームなどの手入れ剤を使用する場合も、革の表面仕上げ方法を考慮しないとシミや色ムラを生じる恐れがあり、かえって革を傷める結果となります。
  • メンテナンス用品を使用する場合には、いきなり全体に塗らないでください。 あらかじめ目立たない部分でテストし、色落ちやシミ等ができないか必ず確認してから全体に使用することが大事です。
  •  革の取り扱いで最も気をつけることは、革が濡れた場合のメンテナンスです。雨、その他何らかの理由で革をぬらした時、直火、アイロン、ドライヤーなどにより高温で乾燥させてると革は硬化してしまいますので、革の乾燥は風通しのよい所での陰干しが原則です。

革のメンテナンス用品の種類と注意事項

メンテナンス用品には下記のような様々なものがあります。選択する際に気をつけることは、磨き仕上げ等で光沢のある革には油性のメンテナンス用品は厳禁です。
油分や蝋分の追加で光沢が失われてしまいます。光沢のある革は原則として布等で乾拭きしてください。それでも汚れた場合は、光沢のある革には爬虫類の革用の手入れ剤の中から適切なものを選んでください。爬虫類の革用の手入れ剤は革の表面の光沢を維持できるものがあります。また、目立たない部分でのテストも行ってください。

汚れ落とし用クリーナー

汚れを落とすために使用します。チューブ入り、ビン入り、エアゾールタイプ(スプレー式)、消しゴムタイプがあります。性質は弱酸性、中性とアルカリ性があり、アルカリ性の場合汚れを取る力が最も大きいのですが革の色落ちも大きいので、取り扱いは注意が必要です。他に、汚れ落としとともに防水、つや出し、柔軟効果、防カビ効果、保革効果をうたったものもあります。クリナーは革によって種類が分かれますので、革にあったものを選択してください。
中には、レザーソープのような石鹸タイプのものもありますが、適した革の種類と使い方をよく理解されてから使われることをお勧めします。

保護クリーム

クリームの役目は、色・つやの保持、保革、防水、汚れ・傷からの保護などです。多くは靴などに使われます。
乳化性、油性、液体、エアゾールタイプなどがあります。乳化性クリームの主成分は水、油脂、ワックスであり、色に応じて着色剤が加えてあります。ビンやチューブに入っており、色の保持、保革に効果があります。油性クリームは缶入りが多く、水が入っていないため、つや出し、防水効果が大きくなります。液体クリームは水とワックスからなり、つやを与えるものが多く、エアゾールタイプは使い勝手のよさを目的としています。この他、防カビ剤、保湿剤等が配合されているものもあります。こうったクリーム性のメンテナンス用品も用途にあったものを選択することが重要です。

油分添加剤

ペースト状、液状、半固形、エアゾールタイプがあり、革にオイルを与えて革を柔軟にし、革の割れを防止します。
こういったオイルの補充は、やりすぎると革を傷めることにもなります。何事もやりすぎはよくありません。
うっすらとつけて、きれいな布きれ等で伸ばすくらいで十分です。

防水剤

エアゾールタイプが主流で、成分はシリコンやフッ素化合物です。他に、革クリームの中に防水効果を兼ね備えたものもあります。これらを使用する時は、革の種類(動物種ではなく、革の表面仕上げの状態:例えばスエード、ヌバックなど起毛革、素上げ、塗装仕上げなど)に合ったものを選び、あらかじめ目立たない部分で色落ち、シミやムラができないかテストすることが必要となってきます。





なめし方法での分類

クロムなめし

 合成剤(硫酸クロム、重クロ ム酸ナトリウム、カリウム塩 クローム塩など)を用いた科学的製法によるなめし方で、革製鞄では8割を占めています。ソフトな風合いで比較的軽く、裏面に青みがかった深い光沢があり、柔軟性、伸縮性に富み、摩擦にも強く耐久性、耐水性もあります。但し、水を吸収すると乾燥が遅い性質があります。

タンニンなめし

 天然の植物(木樹の渋抽出した天然剤)を利用した製法で、手間はかかりますが、より自然な風合いが楽しめる革です。使い込む程に独特の色に変化し、柔らかくなる性質があります。濡れても乾燥が早く、クロムなめしの革よりも伸びにくい革です。また、吸水性が良く染料に良く染まります。オークチェスナット等を使った植物なめし(Vegetable Tannage)の一種でなめした革は、黄褐色を帯びています。

混合(複合)なめし

 2種類以上のなめし剤の特徴を生かし、用途毎になめした革です。クロムなめしの後にタンニンなめしをすることを「コンビなめし」ともいい、逆にタンニンなめし後、クロムなめしすることを「逆コンビ」といいます。 クロムとタンニンの長所を生かした革を作ることができます。

油なめし

 動物の油脂で皮をなめす方法で 耐水性に優れています。セーム革がこれにあたり、洗濯も可能です。

白なめし

 国内で伝統的に行われてきた製法です。川につけて、バクテリアの作用で脱毛し、塩入れ、菜種油による油入れなどを経て、天日干し、足揉みを繰り返すという 1千年まえからの技法によってなめされていきます。天候と相談しながら、合成・化学薬品を全く使わず、根気と手仕事で作られた淡黄色を帯びた白い革です。有名な姫路白なめし革は、出来上がるまでに3ヶ月以上もかかってしまいます。





加工方法での分類

革は加工方法やなめし方法によって様々な特徴をもちます。

銀つき革

 一般にスムースと呼ばれなめして染色しただけの 銀面層(表面)を活かした革のことです。 本染め革とも呼ばれています。厚い革を2枚か3枚にスライスした一番上の1枚目(表面の付いている部分)を銀付き革と呼び、2枚目 3枚目をそれぞれ一番床革二番床革と呼んでいます。

ヌバック

 牛革の銀面(表面)を起毛させたベルベット状の革です。バックスキンより目の細かいペーパーを使うため毛足が短く、防水性のオイルド・ヌバックがアウトドア・シューズ等に用いられています。 NEO(新しい)バックが語源とされています。

スエード

 クロムなめした牛、山羊、羊等の革の裏面をサンドペーパーでベルベット状に起毛した革で、毛足が短くソフトなものほど上質とされています。 仏語のスウェーデンが名前の由来です。

ベロア

 成牛革の裏面を起毛させた革です。 スエードよりも粗く 毛足が長く デザート・ブーツやワラビー等に利用されていますが、上質なものはスエードより高価なものもあるようです。

バックスキン

 鹿革(BUCK)の総称で特に牡鹿の銀面(表面)をビロード状に起毛させた革です。

揉み革

 グレイン スコッチ・グレイン・レザー(SCOTCH GRAIN)とも呼ばれ、なめした後に揉んでシボをつけています。 大鹿に似せたエルクの他に水しぼ/角揉み/八方揉み等があります。

シュリンクレザー

 なめし工程中に特別な薬品を使って銀面を縮ませた革で 、揉んだ革よりもシボが強調されています。

型押し革

 なめした後 銀面に模様を加熱高圧プレス機でプレスした革で、表面のシボが特徴です。ワニ、リザード等の高級系の革に似せたものも多く、最近のモノは良く加工されていますので一見では判別に迷うものもあります。また、幾何学模様のものもあります。

ボーデッドレザー

 表面に軽いしわ加工や型押しを行い、細かな線模様を入れた革です。

オイルドレザー

 動物油(主に魚油)でなめした革で、オイルによる撥水性により水分による劣化が少なく、しっとりとした感触があります。独特の光沢、色むらと粗い表面が特徴です。オイル・レザー/オイル・アップ・レザーとも呼ばれています。

ヌメ革

 タンニンなめししただけの革で、革そのものの味わいがあります。上手に使いこむことで飴色に変色し風合いが増しますが、色の薄いものは 使用方法によって 往々にして黒ずむだけに終わる場合もあります。また、汚れが非常につきやすいデリケートな革です。

ガラス張り革

 なめした後にヌメ革のように木の板ではなく、ガラス板やホーロー板に張り付けて乾燥させ、銀面に磨き処理(バフィング)合成樹脂塗装という工程でつくられた革で、 美しいツヤがあります。 樹脂を張らず磨き上げるだけの場合もあり、それぞれの製品の光沢には差があります。

エナメル革

 クロムなめし後に銀面に合成樹脂(エナメル/ポリウレタン樹脂)を塗装して光沢を出した革です。日本の漆塗りをヒントに考案されアメリカでパテントが取られたことから、パテントレザーとも呼ばれています。 汚れが付きにくく、手入れも簡単ですが、寒さに弱くひび割れを起こしやすい革です。

モロッコ革

 小石を敷いたような独特の模様の革で、山羊革をタンニンなめしたものです。

メッシュ

 紐状の革を編んでシート状にしたもので、通気性に富んでいます。1枚状態の普通の革よりも伸縮性もあり、丈夫ですが編むために手間のかかる革です。

シルキー

 仔牛の革で、スエードと同じように作られますが、さらにソフトで最高級品の革と呼ばれています。

セーム革

 山羊や羊などの革を油なめししてスエード状に仕上げた革です。 時計や貴金属を磨くのに利用されています。柔らかく、しなやかで洗濯もできます。

床革

 銀面をそいだ残り部分をなめした革で、粗い面の革です。樹脂塗料やエンボス加工を施してワイルドな風合いを求めるために使用されたりします。因みに、床ベロアはクロムなめしの床革を起毛したものです。

底革

 本底用になめした革で普通は成牛革をタンニンなめした革です。 厚いまま硬く仕上げてあります。靴の底等に使用されることが多い革です。

アニリン加工

 染色方法の一つです。色落ちしやすいデリケートな染色ですが、革がへたりにくいという特徴があります。銀面をアイロンで固めて強度と艶を出した革もあります。ヴォーノアニリンがこれにあたります。





革のパーツでの名称

 革は部分によって材質が異なり、一般的な判断の目安としては、動物が生きているときに、膨張や伸張を一番受けなかった箇所が「良い材料」の部分といえます。

Leather name of parts

バット

 尻から背中に沿って、デリケートな内蔵器官を覆っているので、一番頑丈な部分です。表面(銀面)の毛穴の密度、なめらかさ、厚み等、最も品質の優れた部分です。

ミドル

 厚みはやや薄くなるが、銀面も良く、良い品質の部分といえます。

ショルダー

 銀面の細かさは維持されているが、血筋が多くなり、厚みも極端に薄くなるものがあります。

ネック

 成長の跡の縞模様(トラと言う)が入っている場合が多く、銀面も荒くなり主要な部分には向かないようです。

シャンク

 銀面は思ったほど悪くありませんが、厚みが無く血筋も太いものが多くなります。しかも、伸張度、強度の差が著しく、方向性の見極めが重要です。

ベリー

 厚みが無く、傷跡・皮膚病の痕が多くみられ、銀面も荒い場合が多いようです。





革の特性

 動物の革を鞣したものの種類は牛、山羊、オーストリッチ、豚、鹿、馬、ヘビ、トカゲ、ワニなどがありますが、素材による強弱はありますが、概ね革には以下のような特性があります。

変色

 タンニンなめし等では、主に植物から採取したタンニンを用いておりますが、このタンニンが日光等での革の変色をもたらします。革本来の質感、風合いを活かすタンインなめしの手法は、「ヌメ革」等で使われており、古来から行われてきたなめし手法です。この経年による色変化には好き嫌いがありますが、革を活きた素材として考えた場合、色変化による使い手への「馴染み」を受け入れることができるのではないかと思います。多くの大量生産品は、経年変化を嫌う傾向が多いのですが、自分に馴染むこの感覚は革本来の魅力であると思います。

適応性と弾力性

 作品におけるスタイルの美しさも品質価値として重要な要素であり、平面な革の部品が、接合、縫製、釣り込み等の作業の結果、美しい立体型を維持出来るのは、革の適応性によります。さらに、その後も型を留めているのは、革に弾力性が有るためです。
つまり、適応性によって「型」通りの形になり、弾力性によってその形が保持されているといえます。

通気性

 革製品は蒸れが少ないと言われています。それは、革の持つ独特の繊維構造が水分を吸収しさらに、外部に放出しているためで、つまり通気性が有るといえます。もっとも、革の表面を樹脂等で加工した場合は、通気性は失われます。

強度と伸張

 革は、破れる前に、大変強いひっぱり強度とよく伸びる伸張力という両性質を持っています。こうした性質は使用する動物の種類や製革法によって異なります。
また、革の種類や年齢、鞣し方、吟面処理の方法等にもよりますが、すべての革(牛等)の伸張方向と、繊維の引き締まった強さの方向は、おおむね一致しています。一般的には、動物の可動部分(首、すね等)の革は、伸縮の度合いが大きく、強度も落ちる傾向にあります。

表面の特徴

 革の表面は、たいへん応用自在で、「染色が容易」で、いろんな「仕上げ」にすることもできます。また、「トラ」といわれる筋や、傷、また焼印の跡などが見られることもあります。

加工の容易さ

 革は接着したり、縫ったり、漉いたり、切ったりすることが出来、非常に加工がしやすい素材です。





製法

 作品により、その製法も変わってきますが、主な製作の手順を簡単にご紹介したいと思います。

デザイン

もっとも時間がかかるのが、デザインの考察です。用いる革の質感と特性とのマッチングが重要な要素です。イメージする形を具現化するために、紙でモックを作成したりしながらデザインを固めていきます。

材料選定

イメージする作品に合った革を探し出します。この作業はマッチした革に出会えるかどうかですので、運が良ければ即日、運が悪ければ数ヶ月かかります。また、革が見つからずお蔵入りになるデザインもあります。

パターン起こし

デザインが確定し,革が見つかったら、型紙を起こしていきます。革質を見ながらデザインを微調整しながら全体のイメージを形にしていく最も重要な作業です。

目打ち

革を裁断する前に目打ちで縫い穴をあけます。厚手の革には菱目打ちで縫い穴をあけていきます。また薄手の革では場合により丸目打ちで穴をあけていきます。こういった目打ちの間隔(ピッチ)は出来上がりの雰囲気を左右しますので作品に合ったピッチの打ち具を選択します。また目の形で縫いあがりも決まってきますので、慎重に作業を行います。

裁断

革包丁で裁断していきます。正確な裁断が後の工程を楽にします。

手縫い

蝋引き
革を張り合わせた後に、ポリエステル糸で縫い上げます。糸は全体の雰囲気に影響を与えるので最適の太さ、色を選定して地道に縫いこんでいきます。縫い加減を革に合わせて調整しながら縫っていきます。革の厚さが1cmを超える場合もあり、そのような厚さの革はミシンでは縫えませんが、キリなども使い手縫い針で糸を通していきます。 
使う糸には白蝋、蜜蝋と松脂を混合したロウを引いています。糸に合わせて各蝋の混合比率を調整して使用しています。そのロウによって縫いが締まり、毛羽立ちが抑えられ、また耐久性が向上します。
革小物など、他の物との接触が多い物は摩擦強度が麻糸より優れているポリエステル糸を使います。

また、他に「シニュー」と言う動物の腱を使った糸もありますが、最近は人口的に化学繊維をつかった「人工シニュー」にとって代わっており、本来のシニューの生産は減少してきています。

小端処理

革の切り端をコバ(木端)といい、ヤスリやカンナで削った後に、蜜蝋やフノリを使って磨いていきます。この作業は時間がかかり、求める輝き、固さが出るまで何度も磨いていきます。

仕上げ

全体を乾いた布で吹き上げて、保護のために特性クリームを塗りこんで完成です。





製作コンセプト

レザー(革)の特性を活かす

 動物の「皮」は、「鞣し(なめし)」という工程を経て「革」と呼ばれる素材となります。本来は動物の皮膚であるため、柔軟かつ伸縮する密な繊維層(皮タンパク質コラーゲン)で構成されています。「鞣す」ことにより、皮膚を「革」と呼ばれる素材に甦らせます。この「鞣す」の文字が革を柔らかくすると書くように、「鞣し」によって柔軟性を革に与えます。
 「鞣す」技法には、植物からとられる「タンニン」を用いる「タンニン鞣し」や、塩基性硫酸クロム液を用いコラーゲンの酸根と結合させる「クロム鞣し」が代表的です。また国内固有の手法として、牛革を川水に漬けて脱毛し、塩と菜種油で揉み上げて天日に晒し、白色の皮に仕上げてゆく「白なめし」という技法もあります。
 こういった「鞣し」により生まれた「革」は本来の皮膚の柔軟性と耐久性を持ち、古来から人を引き付けてきた不思議な魅力を放ちます。年月と共に深みを増し、傷を刻んでも、劣化というよりも「味」として受け入れられる数少ない素材です。
 そういった革本来の特性を活かすとは、革の柔軟性、経年変化を前提としたデザインとすることです。タンニン鞣しの革は、特にストレスをかけると、その部分が変色していきます。デザイン、使用方法によって色の変化が著しい素材です。また、クロム鞣しの革は、繊維構造が荒くなり「ふわふわ」した柔らかさと軽さが特徴で、もっとも多くの既製品の材料に使われています。そういった特徴を活かし、長年にわたる使用の中で変化していくことを前提としたデザインを "alterezza"はコンセプトとしています。
 使い始めの頃には未だデザインは完成していません。長年の時を経て、その人だけのデザインが完成します。多くの既製品は崩れを避けたがります。また傷を嫌います。従って、初めて手にした時が最高の状態であり、使ううちにその価値は減少していきます。"alterezza"は使っていくうちに魅力を増し続けることを目指しており、使い続けた年月がその作品を手にした人の真の価値であってほしいと思っています。

手縫い

 詳しくは製法で述べますが、"alterezza"の作品は全て手縫いで作られています。ミシン縫いは、正確な縫い目と効率、また薄手の素材の縫い合わせが容易なことが長所です。しかし、その反面、糸が革を交差していないため、糸切れで簡単にほどけてしまう短所もあります。
 手縫いの場合は、「サドルステッチ」と呼ばれる縫い目となり、糸を交互に革に刺しながら縫い上げます。短所は、その効率の悪さですが、長所は厚手の革でも縫い上げることができるのと、ミシンでは縫えない立体的な構造でも技術により縫い合わせが可能なことです。厚手の革を使うメリットは作品の「コシ」が厚手の革で得られることと、革の柔軟性を活かしたデザインが可能なことです。実際に、薄手の革の場合、擦れ等で簡単に穴があいてしまうことを考慮し、 "alterezza"では厚手の革を多用するため、全て手縫いで仕上げられています。

色彩

 色は精神面に影響を与える重要な要素です。ヨーロッパのファッション関連のイベントを見ても、色彩の重要性が理解できます。貴金属を装飾しなくても、色と素材により華やかさをもたらすことができます。染色された革は、繊維の不均一性のため、色にムラが生じますが、逆に、それにより本来のナチュラルな風合いと、革自身の深みが増殖されます。





検索リスト


財布
ブッテーロ
入れ
ケース

カード

キー
小銭
てい

名刺
つ折り
しま


収納
ブログ
ので
濃紺
シオ
レザー
ミネルバ
アルテレッツァ
工房
ポケット
リス
制作
blog
付き
タイプ
rss
作品
仕上げ

選択

ない
販売
alterezza
もの
category
ボックス
まし
item
商品

内側

day
製作
汚れ
など
メール
クレジット

posted
バッグ
なめし
では
クリーナー
発送
ワニ
ワイン
カーフ
横列

決済
モデル
オイル
デザイン
使っ
本日
鹿
なっ



なめ
buttero
いき
ブレッサ
黄色
ギフト
チェーン
たり
ゴート

ませ
素材
ウォレット
ヤフー
落ち
グリーン


スリム
クリーム
トカゲ


こだわり
配送
オール
情報
手入れ
yahoo
その


にし
大型
工程

仕様
生きる
カゴ
取っ手
持ち
支払い
効果

あり
スキン
ピッグ
クロム

として
雑感
ブラック
出荷
加工
厚み
定期
無し
送料
銀行
コード
シープ
牛革
女性
染め

動物
イタリア
カバー
納期
いたし
ショッピング
光沢

携帯
marrone
お札
並ん
縫い
買い物
ニシキヘビ
生息
小物
サフィア
パス
変化
考察

finezza
お客様
腹部
金具
麻糸
いただい
キャンセル
シボ
受け
構造
荷物
コレクション
個人
入庫
水牛
エルメス

思い
手縫い
準備
蜜蝋
われ
ヌメ
取り付け
染料

ペッカリー
特徴

brown






"alterezza(アルテレッツァ)"はイタリア語で「高貴」「厳格」といった意味を含んでいます

⇒ブログ アルテレッツァ 制作品をブログに掲載しています

営業日のお知らせ
営業日:月~水,土,日
休業日:祝日,木,金,12/29-1/4
夏季休暇: 8/15-8/20









販売作品&お知らせ



ブログ・カテゴリー



ブログ最新記事

ご連絡先メールアドレスについて10月からの消費税増税について財布兼ポーチ宝物小型ポーチ通院終わりました発送が遅れており申訳けございません退院いたしました 肺炎で本日入院いたします札ばさみと小銭入れ編み込み(メッシュ)長財布年内発送について携帯メールアドレスでのお問合せサイト復旧いたしました現在サーバーでエラーが出ています。今年はお盆休みは返上します。シェルコードバンでの手帳カバーカキモリおかげさまでお知らせ金具の仕入れ鞄の設計図冠婚葬祭用の黒の鞄の制作既製品の仕様を変えてのご注文スコアカードケース50個のご注文オイルコードバンミネルバボックスでの ラウンドファスナー 長財布カートのシステムを変更いたしました新年明けましておめでとうございます。今年はたいへんお世話にりました外ファスナー小銭入れ付き長財布挟み込み式財布カード10枚収納の薄型長財布グリーンの財布とオリーブ色のブックカバーポチ袋ケースオリーブ色の台本カバーカード16枚収納のオーダーメイドでの長財布カード6枚収納の二つ折り財布カード16枚ファスナー小銭入れ付き長財布宝物紫色のパスケースブッテーロ グリーンでの2つ折り財布と小銭入れ黒とオレンジ色のシステム手帳シェルコードバンでの文庫カバーマチ付き名刺入れを定番商品に追加いたします鳥越神社カードポケット付きキーケース切れ込み式長財布小銭入れ付きピッグスキンでの長財布スマートフォンカバーなどのご注文品小切手が入る薄型の長財布ネームタグ赤と黒の長財布手帳タイプのスマートフォンカバー40冊の特注台本カバー台本カバー40セットの制作中ご注文品用の刻印できることをオーダーメイド品などの発送品シェルコードバンとブッテーロでの財布.....




RSS
新着情報RSS 商品新着情報 RSS
ブログ RSS BLOG RSS

サイトQRコード
QRcode